着物を着て神社にお参りって日本文化ですよね

平成から令和に改元されて神社に行く人が増えたみたいです。

5月1日は御朱印帳を頂きに都心部の神社は大変だったとニュースでしたね。

明治神宮や浅草神社では対応に大変。

でも都心部の神社でなくても隠れたパワースポットはいくつもありますよ。

神々が集まる島根県の出雲の地域は特にそう。

その中でも須佐神社ってかなりのパワースポット。

神社に着物を着てお参りするのって素敵ですよね。

御朱印ブームもあってネットで御朱印帳も色々選べます。

私も御朱印帳を持って色々と神社巡りしています。

須佐神社の御朱印が気になってる人、多いのではないでしょうか。

何しろ須佐神社は、日本屈指のパワースポット。

御朱印をいただくと、「縁結び・子宝・家庭円満にご利益あり」と評判です。

最近では「親婚活」をしてる人や、さらに夫婦仲を深めたい人にも人気。

須佐神社の御朱印は、人生100年時代の今、必須のアイテムといえます。

では須佐神社の御朱印をいただくには、どうすればよいのでしょうか。

神社へのアクセスは、JR出雲市駅から一畑バスで約40分。

「須佐」バス停で降り、そこからタクシーで約5分です。

神社の駐車場もあるので、車で行っても安心です。

須佐神社の御朱印受付時間は9時~16時。

ただ、お昼時は避けたほうが無難。

社務所の休憩時間と重なってしまい、待つ可能性があります。

正午より前か、13時以降に行くのがおすすめです。

須佐神社の御朱印は、宮司さんが丁寧に墨書する“魂”のこもったもの。

気持ちよく書いていただけば、ご利益もさらに上がるはず。

神社の都合に配慮して、お互い笑顔で御朱印をいただきましょう。

須佐神社の御朱印は、社名が「須佐大宮」となっています。

一瞬「えっ?書き間違い?」と思うかもしれませんが、ご心配なく。

これは社号標で、鳥居脇の石柱にも刻まれています。

また「須佐大宮」という言葉は、「須佐の七不思議・陰無し桜」を伝えるもの。

その昔「隠岐国が不作に陥ったのは、須佐大宮の桜が繁りすぎて陰となるため」と言われました。

後に桜は切られ、芽吹いては枯れ、枯れては芽吹くを繰り返しているとか・・・。

須佐神社の御朱印には、人智では説明できない「不思議な力」が秘められているんです。

さすが神の国・出雲。

神社も御朱印も一味違いますね。

須佐神社の御朱印について、もっと知りたい方は、神社巡りのサイトをチェック!

創建の由来やご利益、神社の見どころも詳しく紹介。

境内の様子や御朱印を、写真で見ることもできます。

実際の様子を知ると、一気に行く気がわいてきますよ。

須佐神社 御朱印

着物が似合って、しっくりくるのは50代と思うけど

あなたが着物を着るのが素敵な年代・・・と想像して書いてみます。
そうなると子育ても終わりに近づいてきた年代ではないでしょうか?

着物が似合って、しっくりくるのは50代。
ですが、逆に年齢を重ねてきたが故に髪の毛も白髪が目立ち始めます。
続きを読む 着物が似合って、しっくりくるのは50代と思うけど